ひと月に一度は体を動かしたくなります。それも後のことを考えない形で。
要するに自分にしては適度な運動ではないことをやってしまい、その後3、4日は全く動けなくなるというやり方。
何度も運動後に後悔していました。
今回はそんなことではいけないと思いまして、なんとか、後に響かない体の動かし方を考えてみました。

藻岩山は何度も登っているご近所の山です。531メートルで本当に気楽に登れる山です。
幼児からお年寄りまでたくさんの人に愛されている山です。
私も若い時は一度登ったくらいでは体にはなんの影響もなかったはずでしたが、衰えとは恐ろしい。

いつのまにか、外反母趾痛、股関節痛に悩まされるようになり、平坦な道を歩いてもそれらが起こるようになってしまいました。 日頃から適度に運動をしていたらこんな事にはならないでいたのかもしれませんが。
私の仕事柄、一度始めるとずっと同じ姿勢でいることから極度の運動不足になります。自宅で仕事しているので通勤というものもない。全てが悪循環。そのうち、全身の関節痛に悩まされる得体の知れない原因不明の病気にはならない病気?になっていました。どん底の日々はおよそ2年続きました。

歩くことすら、ともすれば苦痛が伴う運動。
こんなことではいけない!
昨年あたりからこう思うようになりました。

そこで2017年9月6日、今回の登山は、「超低速登山」無理な歩き方はしない!
ゆっくり歩ける平日に実行すること。

具体的には、歩幅を小さくコツコツと。疲れたらビタミン補給。楽しみながら歩く。
とにかく頂上まで行ってから下山方法を選択する。藻岩山にはロープウェイがありますので。

写真を取るために立ち止まっては休む。そんなことを繰り返していたらとてもとても時間がかかりました。
一人で登るしかできないことです。誰かと一緒だと迷惑をかけてしまいます。









山頂は快晴!風が心地よくとても涼しい!足の痛みは全くなし!

下山も歩きを選択。ゆっくりといつもの2倍かけて降りたのですが、途中から外反母趾の痛みが襲ってきました。
我慢して降りるしかありません。

今日は登山後2日目。
体の痛みは、関節痛はありません!!心地よい筋肉痛だけがあります。
歩くとふくらはぎがギューっと痛い。これが気持ちいいのです。いい筋肉を動かした!また歩けるぞ!

股関節痛が起きてしまうのは非常に辛いので、今後も、ゆっくり歩幅を小さくして歩くことをまたやってみるつもりです。
次はどの山をどう登ろうか、楽しみが増えていきそうです。

2017年5月17日、快晴。突然、海を見たくなる。

札幌街中に住んでいると海がない。
車で走ると近くに海が見えるんですね。小樽方面へ。

駐車場がわからなかったので、ドラッグストアーに止めてしばしの間散策です。











海はいいなぁ!!

例によって、まとめ日記となります・・・とほほ・・・

6月11日は、羊蹄山のヒラフの半月湖からの山開きに 参加してきました。
この日は札幌からいくと羊蹄山は雲に隠れて見えませんでしたが、山の麓に着くと見事に晴れ渡っていたのでした。

半月湖の散策もしたのですが、今回のUP写真は、羊蹄山のお姿です。
羊蹄山ならどこから見る〜?ぐる〜っとひと回りしてきました。


見る角度によって羊蹄山の姿が変わります。
前半の姿は雲の中で、残念・・・

これはヒラフ入り口近くから見た羊蹄山。



これは倶知安から見た羊蹄山。



これはニセコ側から見た羊蹄山。



これは真狩側から見た羊蹄山。
写っていませんが、ハマナスが咲いていましたよ。


羊蹄山の形はこんなに違うのです。ちなみに、中山峠から見る羊蹄山は

こんな形です。
夕暮れのダイヤモンドのが輝く羊蹄山は喜茂別から見えるようです。
どこから見ても綺麗だ〜♪。大好きな山です。

しかし!絶対私には登れない山ですw。

思い出し日記

5月31日は札幌中央区にそびえ立つ「藻岩山」の日。

標高531メートルだからだそうです。

そびえ立つ、なんて、ちょっとオーバーですね。

とにかく雨が降った後に登ろうものなら泥んこになるのが目に見えていたので、天気の良いうちに登ろうっと 5月29日の朝に思い立ち、サクッと登ってまいりました。



自宅の窓からも良く見えるご近所の山です。冬はスキーでお世話になりました。
まるで始めから札幌で育ったような言い回しですが、ゴメンなさい。大学で札幌にきてからのお世話様っというところです。


大学1年生の5月31日の夜中に飲んだ挙句に皆でゾロゾロ山頂を目指す「ナイトハイク」というのが伝統でした。
これに参加した人はかなりいるんじゃないかな。山頂で「戦艦大和」さらば〜地球よ〜、というアレのどこかの合唱団の歌声をBGMにしながら、日の出を迎えたわけです。

それが生まれて初めて登った「藻岩山」強烈な思い出です。


その後はどっと月日は流れ、駆け足で登る子供達を追いかけながら登った、子育て時代の登山。下の子が疲れたのでおぶって登った記憶があります。

それからそれから、ドドンと時は流れ、昨日、一人でふらりと行ってきました。
普段ほとんど歩く生活とは縁遠いのに、目の前に山があり・・・なんていう軽いノリで。




登山口まで歩いて18分、どんなにゆっくり歩いてもこの時間です。

登山道は大体3キロくらい。


日曜日とあって、軽装で登る人が多かったです。





















で、



















山頂に到着!!!

記録 1時間25分・・・・80代のご老人並みです。

まぁ、しょうがない。。つい2年前に体が痛くて動けなくなる病気になっていたものだから、これでも良し!とします。



次は、もう少し余裕を持って涼しげな顔で登りたいデスね。

あっという間に秋になり・・・

秋といえば、今まで行けなかった所に行ってみたかった。

秋の大雪山系。今回は旭岳に行って来れました。







9月の連休はシルバーウィークというそうで。この時期を逃すと山は雪で覆われてしまいます。
少し曇りの状態で、ちょっと残念でしたが、あの山奥にたくさんの老若男女が集合していました。

私が行ける時期としてはこれが季節の最後かな。冬になればここに行くのは難しいでしょう。

散策路をゆっくり歩いてきましたが、全てを見渡せる壮大な風景は、北海道らしいものなのでしょう。

ピンポイントにみる観光とは違い、散策は体いっぱいに自然を感じることができて病みつきになりそうです。

1

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Link

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 私たちにできること
    Kazu
  • 私たちにできること
    Akiko
  • 遅ればせながら…
    よしえ
  • クリスマスリース展が終わりました
    kazu
  • 展示会ふたつ
    kazu
  • クリスマスリース展が終わりました
    Akiko
  • 雪が降るまえに…
    kazu
  • 工房めぐり 終了
    Akiko
  • 工房めぐり 終了
    kazu
  • プレゼント
    Akiko

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM