2017,4,12〜17
札幌市西区琴似の北都館にて個展を開催しました。その記録です。

終了後、様々な思いが駆け巡っていますが、振り返りながらその記録として足跡を残します。

今日はその1







全て北海道新聞の4月11日と12日に掲載された小さな告知記事です。

これを見た方達がお店を探して、お天気の悪い中も訪ねて来てくださいました。ありがたーい事です。
私を知らなくても私の作品に興味を持ってやって来てくださる。とても嬉しい事です。

DMを出すだけでなく各情報機関に告知するのは重要ですね。
これらは全て北海道新聞さんですがそれぞれ異なる部でして、紙面が違います。夕刊、札幌市10区(トーク)、オントナ。
情報紙、として独立している、「10区」と「オントナ」の担当の方からは、原稿の校正ができたのですが、夕刊は事前の電話対応だけで、出来上がった原稿の確認はできないことがわかりました。

後の祭りですが。立ち位置の違いで対応が微妙だと思ったわけで,今後は気をつけようと思いました。

準備期間中は気持ちだけが先行してしまい、あまり時間を有効に使っていなかったです。あっという間に搬入日になってしまいました。

半年くらいぶりのブログ更新となりました。
ホームページの更新もままならない状態でしたが、また、宜しくお願いします。

今年2017年は久しぶりに動きます。
4月に”Sewing illustration”の個展を開催します。
DMもできましたのでUPします。





前回の個展は2006年でしたから11年も経ってしましました。
その間には展覧会に出品させてはいただきながらの活動をしていましたが、
ここ数年で所属していた会から脱退したり、毎年恒例の展覧会自体がなくなったりと展示をする機会が大幅に減りました。

何かやらねば!と思ったところが、月日は11年も流れてしまった!当人もびっくり仰天です。

ということで、また、心機一転頑張りたいと思います。

8月になってしまいました。

7月にもあちらこちら行ったにもかかわらず、ブログを更新することができず、月間まとめもできませんでした。
ものすごく、反省しています。

ほんとにマメではない・・

失敗作に終わってしまい、出来上がらなかった作品をサインを入れないまま展示しました。

自分らしい作品ではなく、好きではないものとなってしまいました。
次回はもっと「自分らしさ」を追求しようと思います。

でも、若干、涼しげではあるようです。



展示作品は、京王プラザホテル札幌1階ショッピングアーケードに8月〜9月の半ばまで展示しています。

例によって、まとめ日記となります・・・とほほ・・・

6月11日は、羊蹄山のヒラフの半月湖からの山開きに 参加してきました。
この日は札幌からいくと羊蹄山は雲に隠れて見えませんでしたが、山の麓に着くと見事に晴れ渡っていたのでした。

半月湖の散策もしたのですが、今回のUP写真は、羊蹄山のお姿です。
羊蹄山ならどこから見る〜?ぐる〜っとひと回りしてきました。


見る角度によって羊蹄山の姿が変わります。
前半の姿は雲の中で、残念・・・

これはヒラフ入り口近くから見た羊蹄山。



これは倶知安から見た羊蹄山。



これはニセコ側から見た羊蹄山。



これは真狩側から見た羊蹄山。
写っていませんが、ハマナスが咲いていましたよ。


羊蹄山の形はこんなに違うのです。ちなみに、中山峠から見る羊蹄山は

こんな形です。
夕暮れのダイヤモンドのが輝く羊蹄山は喜茂別から見えるようです。
どこから見ても綺麗だ〜♪。大好きな山です。

しかし!絶対私には登れない山ですw。

思い出し日記

5月31日は札幌中央区にそびえ立つ「藻岩山」の日。

標高531メートルだからだそうです。

そびえ立つ、なんて、ちょっとオーバーですね。

とにかく雨が降った後に登ろうものなら泥んこになるのが目に見えていたので、天気の良いうちに登ろうっと 5月29日の朝に思い立ち、サクッと登ってまいりました。



自宅の窓からも良く見えるご近所の山です。冬はスキーでお世話になりました。
まるで始めから札幌で育ったような言い回しですが、ゴメンなさい。大学で札幌にきてからのお世話様っというところです。


大学1年生の5月31日の夜中に飲んだ挙句に皆でゾロゾロ山頂を目指す「ナイトハイク」というのが伝統でした。
これに参加した人はかなりいるんじゃないかな。山頂で「戦艦大和」さらば〜地球よ〜、というアレのどこかの合唱団の歌声をBGMにしながら、日の出を迎えたわけです。

それが生まれて初めて登った「藻岩山」強烈な思い出です。


その後はどっと月日は流れ、駆け足で登る子供達を追いかけながら登った、子育て時代の登山。下の子が疲れたのでおぶって登った記憶があります。

それからそれから、ドドンと時は流れ、昨日、一人でふらりと行ってきました。
普段ほとんど歩く生活とは縁遠いのに、目の前に山があり・・・なんていう軽いノリで。




登山口まで歩いて18分、どんなにゆっくり歩いてもこの時間です。

登山道は大体3キロくらい。


日曜日とあって、軽装で登る人が多かったです。





















で、



















山頂に到着!!!

記録 1時間25分・・・・80代のご老人並みです。

まぁ、しょうがない。。つい2年前に体が痛くて動けなくなる病気になっていたものだから、これでも良し!とします。



次は、もう少し余裕を持って涼しげな顔で登りたいデスね。

5月後半に出来上がった布絵です。 最近、アカゲラばかり描いていたので、アカのゲラ子ちゃんに登場してもらいました。 いかにも涼しげな森でしょう。北海道っぽい絵になりました。 2016,6月いっぱい、京王プラザホテル札幌1階ショッピングアーケードに展示しています。

熊本地震の災害に遭われた皆様におかれましては、心よりお見舞い申し上げるとともに、
お亡くなりになられた方には追悼の意を表します。

私もいまだ心配な気持ちでおりますが、自分の仕事をすることに前向きになろうと思います。


久方ぶりの好天に恵まれた5月3日、ゴールデンウィークの真っ只中です。
今日は札幌芸術の森へ行ってきました。
三寒四温とはいうものの、いつになく本当に寒い日が続いていました。
今日はまっこと良いお天気!ツイツイ足も軽く歩き回ってしまいました。
でも、お天気は続きません。夜にはもう嵐のようで、明日からはしばらく雨模様のようです。
とりあえず本日の行動はセーフでした。

「進撃の巨人展」やってました。が、上の方の建物の屋上へ行き、ぐるっと景色を見渡してきました。
意外なことに、芸術の森には針葉樹ばかりではなく、広葉樹の方が多いのかもしれません。
緑が少ないことに気がつきました。



桜はまだでしたが、ハクモクレンか、こぶしの花が綺麗に咲いていました。白い花だけだと雪か?と見まごう? こともありそうな・・。


さて、今日のお仕事は、芸術の森、工芸館の1階にある「ベストショップ」へ作品を納品することでした。
ここには小さな作品を展示販売していただいています。
G・W前に納入したかったのですが、のんびりしていたら中日になってしまいました。





街の中へ戻ってくると、梅や桜、ツツジや新緑で色鮮やかなものをみて、ほんのちょっとの距離でこんなに景色が違うものなのだと改めて認識したところです。

札幌にくることがありましたら、是非、南区にある「札幌芸術の森」へ足を伸ばしてお越しください。
ファミリーでアートを楽しめるところです。

一連の熊本地震が始まってから1週間が過ぎようとしています。

熊本地方の様子をテレビで見るとその災害の大きさにため息ばかりが出る日々です。

前回のブログでも熊本に知人がいるので心配していましたが、今週の月曜になんとか連絡を取ることができ安否の確認ができました。
そして、いつも連絡を取り合っていた担当の方とも、今日、電話で話をすることができました。

テレビで放送されるのは最もひどい災害があった現場、避難所、等々で、個人的に知りたい情報はあまりわかりません。熊本市内の地区別の様子がもっとわかるといいのにと思っていました。

電話では、1週間がたって、市内ではようやく電気、水道、固定電話、携帯電話が復旧してきたようです。全般ではありませんが、水道も出たり出なかったり。ガスはプロパンは使えるようになった所もありますが、都市ガスはまだなようです。お風呂などまだ入れる状態ではありません。

大抵の人は家庭があり、子供や老人の弱者は避難所で生活しなけらばならないけれど会社に通勤している大黒柱となる人は家と会社とを行き来しなくてはならず。本当に気力と体力の両方がかなりダメージを受けていると思います。

自宅で避難している人も多くいるでしょう。必要物資も避難所ならばなんとか手に入っても、自宅では買い出しに長い時間を費やさなければならない。

片付けても片付けても、また地震がくる。恐怖。

いざ電話で話そうとすると、細かなことまでは聞けないなぁ、と思い、「くれぐれも体を大事になさってください」 としか言えなかったです。「がんばってください」この言葉以外で何か言おうとしても、この言葉しかなかったです。

何もできない自分が歯がゆいなぁ。

居ても立ってもいられない気持ちでブログを書いています。

私の仕事上のお付き合いをさせていただいている方たちが被災しています。
また、自然の猛威が襲っています。テレビから伝わってくるニュースには心がえぐられる思いです。
あまりにも大きく多すぎる地震に、これ以上起きないで!と言いたいところです。

被災されている皆さんにとっては、とても辛い日々が続くと思いますが、なんとか怪我をされないようにと、願って止みません。

祈ることしかできませんがどうか頑張ってほしいと思います。


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Link

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 私たちにできること
    Kazu
  • 私たちにできること
    Akiko
  • 遅ればせながら…
    よしえ
  • クリスマスリース展が終わりました
    kazu
  • 展示会ふたつ
    kazu
  • クリスマスリース展が終わりました
    Akiko
  • 雪が降るまえに…
    kazu
  • 工房めぐり 終了
    Akiko
  • 工房めぐり 終了
    kazu
  • プレゼント
    Akiko

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM